トップページ > マレーシアの建築物 > クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

クアラルンプールこくさいくうこう / Kuala Lumpur International Airport

クアラルンプール国際空港 クアラルンプール国際空港 クアラルンプール国際空港 クアラルンプール国際空港

世界第2位の規模を誇る国際空港で、「Airport in the forest, forest in the airport(森の中の空港、空港の中の森)」のコンセプトで設計された空港です。クアラルンプール市内から約50km離れていますが、KLIAエキスプレスで28分でKLセントラル駅まで行くことが出来ます。幌のようなHPシェルの屋根がなんとも印象的で、コーン型の柱は、黒川建築ではおなじみでしょう。

クアラルンプール国際空港 ホームぺージ (別ウィンドウが開きます)

設計 黒川紀章/黒川紀章建築都市設計事務所
※くろかわきしょう
施工 大成建設(本館)
竹中工務店(サテライト)
竣工 1998年
構造 鉄筋コンクリート造、屋根部分:鉄骨造
階数 地下1階、地上5階(メインターミナル)
地上4階(コンタクトピア)
地下1階、地上3階(サテライト)
所在地 64000 KLIA, Selangor, Malaysia
周辺の地図 【Googleマップ】(別ウィンドウが開きます)

【次の建物】 せんだいメディアテーク(宮城県)

【前の建物】 寒河江市庁舎(山形県)

コメント


コメントを書く


※投稿には少し時間がかかります。連続して「投稿」ボタンを押さないで下さい。

マレーシアトップに戻る
ARC STYLE トップページに戻る

建築物・地域検索

キーワード検索



Powered by Google

特別ページ

建築家プロフィール

その他のご案内