トップページ > 建築家プロフィール一覧 > 妹島和世

妹島和世

せじま・かずよ

略歴

1956年茨城生まれ。1981年日本女子大学大学院修了後、1981年~87年まで伊東豊雄建築設計事務所に勤務し。1987年に独立し、妹島和世建築設計事務所を設立する。1995年、西沢立衛と共に「SANAA」を設立。

「再春館製薬女子寮」で新日本建築家協会新人賞を、「岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS) マルチメディア工房」で日本建築学会賞を受賞。その他、数多くの賞を受賞。
また、イタリアの家具メーカーdriadeより発売されている、「MARUMARU」や「HANAHANA」などの家具もデザインしている。

主な作品に「金沢21世紀美術館 (石川)」、「熊野古道なかへち美術館 (和歌山)」、「再春館製薬女子寮 (熊本)」などがある。

本サイト登録作品

1996年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
2010年

関連書籍、その他

Amazon(アマゾン)で購入できます。購入代金 1,500円以上で送料無料!
価格は変更される場合があります。ご確認の上、お買い求めください。

妹島和世+西沢立衛/SANAA―WORKS1995‐2003

妹島和世+西沢立衛/SANAA - WORKS1995‐2003

著:妹島和世・西沢立衛, 価格:3,150円(税込)

妹島和世+西沢立衛読本-2005

妹島和世・西沢立衛・二川幸夫, 価格:2,940円(税込)

物語のある家

著:妹島和世, 価格:1,680円(税込)

「妹島和世」その他の関連書籍を探す

※上記のリンクは、別ウィンドウでアマゾンのサイトへ飛びます。

建築家プロフィール一覧に戻る
ARC STYLE トップページに戻る

建築物・地域検索

キーワード検索



Powered by Google

特別ページ

建築家プロフィール

その他のご案内