トップページ > 静岡県の建築物 > 紙の資料館 特殊製紙総合技術研究所 Pam

紙の資料館 特殊製紙総合技術研究所 Pam

かみのしりょうかん とくしゅせいしそうごうぎじゅつけんきゅうじょ ぱむ / Paper Art Museum

紙の資料館 特殊製紙総合技術研究所 Pam 紙の資料館 特殊製紙総合技術研究所 Pam 紙の資料館 特殊製紙総合技術研究所 Pam 紙の資料館 特殊製紙総合技術研究所 Pam 紙の資料館 特殊製紙総合技術研究所 Pam 紙の資料館 特殊製紙総合技術研究所 Pam

特殊紙の研究開発や販売促進などの目的で作られた製紙企業の施設で、名称のPamは「Paper and Material」の略です。新築したA館(写真)の他、従来の建物を改装したB館があります。外壁はFRPのサンドイッチパネルで出来ていて、ちょっと年数が経って汚れが目立ってきてますが、淡いグリーンの色合いが良い感じです。中に入ると中央に吹き抜けのアトリウムがあり、見上げると膜構造の屋根が目に入ります。アトリウムを挟んで南側にオフィス機能を、北側に展示施設を配置してあります。南側の外壁は開閉式ですが、見学時には見られなかったので残念です。現在は東海パルプとの合併により、特殊製紙から特殊東海製紙に社名が変わっています。

特殊東海製紙 Pam ホームぺージ (別ウィンドウが開きます)

設計 坂茂/坂茂建築設計
※ばんしげる
施工 大林組名古屋支店
竣工 2002年
構造 鉄骨造
用途 研究開発施設
所在地 静岡県駿東郡長泉町本宿437
周辺の地図 【Googleマップ】(別ウィンドウが開きます)

【次の建物】 弘前市立病院(青森県)

【前の建物】 弘前市緑の相談所(青森県)

コメント


コメントを書く


※投稿には少し時間がかかります。連続して「投稿」ボタンを押さないで下さい。

静岡県トップに戻る
ARC STYLE トップページに戻る

建築物・地域検索

キーワード検索



Powered by Google

特別ページ

建築家プロフィール

その他のご案内